今回初めてUTMF/STYに初めて参加するわけですが、さてこの大会に参加するのにいくら掛かったのか。ちょっと計算してみました。

※完走レポートはコチラ→【レース結果】初めてのロングトレイル「STY2014」、を完走しましたので感想を。
05

まず本大会のエントリー費用からです。エントリーに掛かるお金はUTMFSTYで異なりますが・・・
  1. UTMF:36,000円
  2. STY:24,000円
これだけの費用がエントリーするだけで掛かってきます。また本大会には厳しい(?)レギュレーションがあり、必携品リストがアップされています。これらが揃えられていないと場合によっては出場できないこともあるそうです(あくまで自己責任、ということではあるらしいのですが)。


以下にそのリストと、およその金額を記載してみますね。
  1. コースマップ:無料
  2. 携帯コップ(150cc以上):1,000円
  3. 1ℓ以上の水(スタート時および各エイドステーション出発時):200円
  4. 食料:ここに記載した補給食などですが、けっこう掛かります:5,000円〜10,000円
  5. ライト2個:ヘッドライトとハンドライトの2つとして:5,000円〜8,000円
  6. サバイバルブランケット:1,000円
  7. ホイッスル:1,000円
  8. テーピング用テープ:1,000円
  9. 携帯トイレ:1,000円
  10. 保温のためのフリースなどの長袖シャツ:10,000円
  11. 保温のための足首までを覆うズボンあるいはタイツ:10,000円
  12. 保温のための手袋、耳までを隠す帽子:5,000円〜10,000円
  13. 雨天に備えてフードつきレインジャケットとレインパンツ:20,000円〜30,000円
  14. ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など):1,000円
  15. 保険証:無料
  16. 配布されるナンバーカード、ICチップ:無料
  17. 配布されるフラッシュライト:無料
こうやって整理すると、全てを新規で購入した場合、62,200円〜84,200円程度かかってくる計算です。僕はGORETEX素材のジャケットやヘッドライトは所持していたので、30,000円程度減額出来ましたが、それでもレインパンツ+ライト追加購入+長袖シャツ+その他で40,000円くらい掛かりました。意外に補給食がクセモノです。ロングトレイルはたくさん持たないとね。


さらに掛かってくるのは旅行費です。僕の場合オフィシャルツアーを利用する形になるのですが、
  1. オフィシャルツアー代:14,000円
  2. ゴール後の休憩宿代:5,000円
合計2万円くらいですね。車で行った場合でもガソリン代とかその他考えるとこれ以上掛かってくるでしょう。


さらにさらに、通常の装備代です。これクラスのレースに出てくる人はひと通りの装備は所持していると思いますが、このロングレースに出場すべく装備を新調する方も多いでしょう。ざっくりと装備の価格を記載すると・・・
  1. トレランシューズ:10,000円〜20,000円
  2. ザック(ハイドレーション):10,000円〜20,000円
  3. ウエア:10,000〜20,000円
このような感じになってくるかな、と。私の場合は、シューズをHOKAのRapa Nui Trail(ホカ ラパ ヌイ トレイル)に新調しました。18,000円なり。その他今回のためにコンプレスポーツのR2QUADを購入したので、追加12,000円。合計30,000円


ということで、僕自身の場合の合計金額は【①エントリー費用】24,000円+【②必携品】40,000円+【③旅行費】20,000円+【④その他】30,000円=【⑤合計】114,000円! 

来年からは装備を新調しなくても良いとすると、【①エントリー費用】24,000円+【②必携品(補給食のみ)】10,000円+【③旅行費】20,000円+【④その他】0円=【⑤合計】54,000円! 


やっぱり結構掛かりますね(笑

これだけお金の掛かってる大会なんだから、精一杯楽しまないと損!頑張ります!