ようやく日本でもGARMIN「ForeAthlete620J」「ForeAthlete220J」の2機種がリリースされるようですね!
GARMIN「ForeAthlete620J」「ForeAthlete220J」


まず何が素晴らしいかというと、この2機種はGARMINの最大の弱点である「見た目」「デザイン性」において大幅に改善されており、ぶっちゃけ結構カッコイイ!デザイナーが変わったのでしょうか。

また機能においてもVO2maxが測れるようになり(どうやって測るんだろう)、色々と出来ることの幅が増えそうです。その他にも機能としては、

・低反射で見やすいカラーディスプレー
・本体内Gセンサー内蔵により、ピッチ/ストライドが計測可能になりトンネル内の計測にも対応
・ガーミンが世界で最初に対応した「みちびき」の受信により市街地のGPS精度がアップ
・フルマラソンやトレーニングで必要十分なバッテリー駆動10時間へアップ
・Bluetooth SMART経由でスマホアプリ「Garmin Connect Mobile」と連携し、データの送受信/閲覧に対応
・スマホ経由で位置情報を発信、ランニング中の位置情報を公開する事が可能です
・インターネット経由で7日分の衛星情報を記憶し、GPS受信までの時間を大幅短縮
・アラートは、バイブレーション、アラームに加え、バックライト点灯で通知タイミングを逃しません
・汗抜けの良い新開発ベルト
・スプリットタイム(積算時間)の計測を新採用
・バックライトのナイトモードや「位置」を基点とした自動ラップは日本版オリジナル機能
などなど、本格的に購入を検討しようと思います。しかも価格も安いですね。

ForeAthlete620Jで36,800円、ForeAthlete220Jが25,800円と、競合の同スペックモデルや、既存のGARMIN製品と比較しても安い。

これから新しいランニングウォッチの購入を検討している方は、要チェックですね。